2010年04月25日

アルインコ DJ-G7 (5)

DJ-G7_9.jpg

写真は、アルインコ DJ-G7の上部です。左右に大きなツマミがふたつ、左奥にはアンテナコネクターが確認できます。DJ-G7は、ふたつの周波数を同時に受信できるようになっています。そのため、ふたつのツマミを独立して使用することができます。

ツマミの左側はメインダイヤル、右側はサブダイヤルです。それぞれダイヤルが二重になっていて、上部が周波数やメモリチャンネル変更、下部が音量の変更をするためのダイヤルです。スケルチの変更はあまり頻繁には行わないので、ダイヤルを下へ1回押してから上部のダイヤルを回して変更します。少ないダイヤルに多くの役割を割り当てるのは、様々な機器で見かけますが、この割り当て方は素晴らしいです。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ・無線