2010年08月16日

GRUNDIG G6 AVIATOR (6)

前回、GRUNDIG G6 AVIATORを日本で使えるように設定をしましたが、このラジオには時計がついているので、時間を設定することにします。

持ち運びができるような小さなラジオにありがちなのは、ラジオをONにしている状態では、周波数表示はあっても時計表示がないというケースが多いのですが、G6 AVIATORはラジオがONでも時計表示が消えません。たかが時計表示ですが、旅行先などでは時間を確認したい場合に、近くに時計がない場合もありますので、こういうちょっとしたところに便利さを感じます。

時計表示の他に曜日設定もできるのですが、曜日表示で中国っぽい部分が垣間見えます。以前にKchibo KK-S500のレビューの時にふれましたが、中国には1を月曜日、2を火曜日という風に表現することがあり、G6 AVIATORもそれを踏襲しているような雰囲気があります。中華ラジオを扱うには、こういう部分を注意深く見ていくといいでしょう。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ・無線