2010年09月05日

GRUNDIG G6 AVIATOR (10)

GRUNDIG G6 AVIATORは、私の中でもかなりお気に入りの中華ラジオになりそうですが、良い部分だけではなくイマイチな部分も併せてご紹介しておきます。残念ながらほとんどの部分が、G6 AVIATORの筐体の小ささを得るために、削ったであろう部分です。

最も残念なのは、受信感度の調整ができないことです。近所に大出力の放送局がある場合、受信感度を絞ると他のラジオ局の聴取が楽になりますが、そういう使い方は残念ながらG6 AVIATORではできないことになります。スイッチ切り替えでも構わないので、この機能は欲しいところでした。

あとはくだらない話ですが、暗い場所での操作のために、ボタンが光るようになっていれば非常に助かります。実際に暗い場所での操作では困りました。ディスプレイ照明の機能があるだけに、この機能がないのが悔やまれます。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | ラジオ・無線