2010年12月19日

Microsoft Office for Mac 2011

Windows版Officeの最新バージョンである2010が発売されて半年程度経過しましたが、Macintosh版のほうも2ヶ月程度前に発売されました。その名もMicrosoft Office for Mac 2011です。

発売に先駆けて、発売記念限定パッケージを発売しました。セットアップできるパソコンを1台に限定する代わりに、販売価格が引き下げられるもので、Macに囲まれている人以外には朗報のパッケージです。Word,Excel,PowerPointが入った家庭/学生向けが13,000円、これにOutlookが入った一般向けが21,000円です。

私が購入したMac mini(MA205J/A)からMacintoshoのインテルCPU化が進んできていますが、今回のOfficeからインテルのCPUにしか対応しなくなります。OSのバージョンは10.5.8以降、メモリは1GB以上が必要です。以前にメモリを追加しておいたことが、今回生きてきました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン