2006年09月10日

LEXON LA42 ティコラジオ (1)

電気屋さんなどで見かけるラジオは、当たり前の話ですが、ほとんどの場合はラジオっぽい形をしています。いや、それがダメだというわけではありませんが、何となく無骨な感じがするのも無理はないかな、と思ったりしています。個人的には、多機能でピコピコしているような雰囲気のラジオに興味を持ったりしますが、そんな興味の外にありながら、非常におもしろいラジオが見つかりました。こないだまでレビューしていたDE1103E5とは全く系統の違うもではありますが、今回はそれをレビューしたいと思います。

TykhoRadio1.jpg

写真を見る限り、何か音が出そうな雰囲気は醸してますが、ラジオな感じはあまりしません。しかしこれは、れっきとしたAM/FMラジオです。フランスの雑貨メーカーであるLEXONが世に送り出した、Tykho Radioです。デザイン的に評価が高く、TIME誌の表紙を飾ったこともあるそうです。ただし、これを友人に見せたところ、この色のインパクトも相まって、「芋ようかん」と名付けられてしまいました(汗)。

Tykho Radioはフランスで生まれたラジオですが、日本でも複数のお店で購入することが出来ますし、ネットショッピングでも気軽に購入することも出来ます。今回は、「α-STATION WEB SHOP『Shopα』」で購入しました。こちらで購入できるTykho Radioは4色ですが、今回はイエローを購入することにしました。

Tykho Radio全体がシリコンラバーで覆われていて、ラジオとしてはちょっと異様に感じます。触っている感じは巨大な消しゴム(汗)。Tykho Radioの角で鉛筆書きの文字が消せそうです(たぶん消えないと思いますが)。防水というわけにはいきませんが、防滴処理が施されていますので、お風呂ラジオとして活躍してくれます。

受信することの出来る周波数は、元々は540KHzから1600KHzのAMと、88MHzから108MHzのFMが受信可能ですが、今回購入した分はFMについて日本向けに改造されており、FMは76MHzから92MHzまでの受信となります。α-STATIONは89.4MHzで放送していますから、改造していなくてもα-STATIONの受信には困らないのですが、改造前では道具として使うには使いづらくなってしまいますから、こういう改造は大歓迎です。

次回には、このTykho Radioの使い勝手について、少し丁寧に見ていきたいと思っています。
posted by 「なにかな」管理人 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ラジオ・無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1245414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

平山あやプロデュース9月10日更新!!次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生
Excerpt: 平山あやプロデュース9月10日更新!!次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」をご紹介させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。お気に入りに登録しよう..
Weblog: 平山あやプロデュース9月10日更新!!次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」
Tracked: 2006-09-11 00:56