2009年08月16日

Windows Home Server (1)

私はパソコンの業界で仕事をしているにもかかわらず、パソコンを組み立てることはあまりしたことがありません。もともとメーカー製のパソコンを扱っていますから、分野が違います。なので、パソコンをの組み立ては、それに長けた方にお願いすることにしています。

今回は特に、サイズの小さいパソコンを用意したいと思い、自宅パソコンの追加計画を発動させました。目的は主に、テレビの録画と保存、大容量データの保管です。そのため、大容量ハードディスクが用意できさえすれば、他の優先度は特に高くなくても良いと考えていました。

今回は、以前にMSI Wind Netbook U100 Vogueでお世話になった有限会社ゆたぷろさんに、パソコンの組み立てをお願いしました。今回の計画について、色々とお知恵をお借りいたしました。

さて、その組み立てパソコンについて、構成のの概要は以下の通りになります。

ケースSilverStone SST-SG01B-F
マザーボードGIGABYTE GA-EG41MF-US2H
CPUintel Q8200S 2.33GHz Box LowPower
メモリPulsar DCDDR2-4GB-800 (2GBx2枚)
HDDSeagate ST-31500341AS 1.5TB
光学ドライブ玄人志向 KRBD-WH20N/BK
電源GIGABYTE GE-P450P-C2
OSWindows Home Server


いま使っているメイン機のハードディスクが250GBなのですが、ここで使用するハードディスクは1.5TBです。大容量のデータを保管する目的としては、ひとまずは充分な容量かと思います。

そしてCPUは、Core2Quadを使用しています。残念ながらQ8200Sは、VT(Virtualization Technology)はサポートされませんので、Windows 7のXPモードは使えません。しかし今回選択したOSはWindows Home Serverですし、コストパフォーマンスを優先してしまいました。

今回のようにパソコンが増える際にいつも悩むのは、パソコンをどこに収納するかです。そのため、できるだけパソコンを小さいものを選びたいというのがありました。今回は目的がある程度固定しているので、多少の拡張性を犠牲にしても良いと思っていました。今回は、MicroATXサイズのマザーボードを、私が初めて使うことになります。

そんな風に構成された組み立てパソコンですが、それが完成して納品された状態は、次回詳しく見ていくことにします。
posted by 「なにかな」管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31356649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック