2010年08月12日

GRUNDIG G6 AVIATOR (3)

G6AVIATOR_7.jpg

GRUNDIG G6 AVIATORを箱から出しますが、まずは他のラジオとの大きさの比較をしてみます。中華ラジオに興味がある方なら、恐らく持っているであろうDE1103(愛好者3号)との比較です。ついでに単三乾電池も置いてみました。

DE1103と比較すると、その小ささが何となくわかると思います。二回りほど小さいイメージがあります。小さいラジオは、持ち歩きがしやすいというメリットがある反面、スピーカーが小さくなって音が聞きづらくなるデメリットがあります。内蔵バーアンテナも小さくなる傾向があるので、中波の受信感度にも影響が出そうです。

そのためBCLラジオは、ある程度の大きさのあるものが人気となりやすいのですが、G6 AVIATORの実力が如何ほどか、とても興味が出てきます。でも性能を確認する前に、まずは外観を眺めてみることにします。

G6AVIATOR_8.jpg

まずは正面からです。外面はラバーコーティングのような感じになっています。テンキーの配置は、他のボタンを間違って押さないような配置になっていますが、残念ながら数字や文字が印刷されたボタンのため、バックライトで光るようには作られていません。ボタンの数も、それほど多いわけではありませんので、機能は絞り込んでいるような印象です。

G6AVIATOR_9.jpg

中華ラジオの仲間にはなりますが、プリントされている文字は数字とアルファベットです。基本的には英語圏向けの商品だとわかります。中国語が書かれていると戸惑いますが、アルファベットなら操作に困ることはなさそうです。

チューニングダイヤルが本体正面にあるのが、G6 AVIATORの特徴となります。本体右サイドにあることが多いダイヤルですが、中華ラジオの中でも、こういう正面にあるモデルが増えてきているように思います。

G6AVIATOR_a.jpg

続いて本体右側の状態です。操作に必要なものが正面に集中しているため、右側には「NEWS」と「MUSIC」の切り替えスイッチがあるだけです。BCLラジオではお馴染みのスイッチですが、G6 AVIATORが少し変わっているのは、「MUSIC」と書かれているそばに「MEGA BASS」と書かれていることです。通常は「NEWS」と「MUSIC」の切り替えは、「MUSIC」のほうが高音が豊かになる印象がありますが、G6 AVIATORに限っていえば、「MUSIC」に切り替えると低音も豊かになります。ちょうどオーディオ機器でいう「ラウドネスをON」の状態に似ています。
posted by 「なにかな」管理人 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ・無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40125537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック