2011年01月16日

TECSUN PL-380 (6)

今回からは、TECSUN PL-380を実際に使用しながら、使い勝手を見ていくことにします。使用する電池は前回お知らせしたとおり、単三乾電池3本です。ニッケル水素電池など、充電できる電池でも使うことができます。

ご存じと思いますが、アルカリ乾電池のような充電できない乾電池と、ニッケル水素電池のような充電できる乾電池では、電圧が違います。電池残量の表示を持っている機器の場合、その使用する電池の電圧によって、残量の表示に誤差が生じてしまいます。

PL-380にも電池残量の表示があります。一般的な携帯電話と同じ、3段階のインジケーターで表現されます。通常の電池と充電型の電池の違いについては、本体の設定を変更することで回避しています。

設定変更そのものは、とても簡単です。正面ボタンの「M」を長押しすることで、通常の電池と充電池の設定変更がなされます。その設定変更は、液晶パネルの表示を見ることで、現在どちらの設定になっているか確認することができます。

PL-380_e.jpg

こちらは、通常の電池の設定をした場合の表示です。

PL-380_f.jpg

こちらは、充電池の設定をした場合の表示です。

従来の中華ラジオは、多機能路線へ進んでいたからなのか、設定変更がかなり面倒でした。まずは取扱説明書を読みこなせなければ、設定変更すらままなりません。中華ラジオの場合、出荷段階では中国向けに設定されているため、これを日本で使える設定に変える必要がどうしても発生するのですが、これを終えるのが一苦労なのです。

しかしPL-380については、その部分が非常に簡単に作られています。それを垣間見ることができるのが、本体前面のテンキー周りのボタン類です。

PL-380_g.jpg

テンキー類のボタンそのものには、数字やアルファベットが印刷されています。そのボタンの周りには、赤文字でなにか書かれています。この赤文字が設定に関わる部分となります。

たとえば、当ブログでも度々出てくるFMの受信周波数範囲変更の設定ですが、実にシンプルです。上部に「FM SET」と書かれている「1」のボタンの長押しで、87.0〜108MHz、87.5〜108MHz、64MHz〜108MHz、76MHz〜108MHzの4種類へ次々に変更ができます。

FMの受信範囲については、今までの中華ラジオなら、だいたいは87.5MHz〜108MHzと64MHz〜108MHzの切り替えとなるところでしょうが、各地域で販売をするために、細かく設定できるようにしているのでしょう。今までの中華ラジオらしからぬ配慮です。
posted by 「なにかな」管理人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ・無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42668674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック