2011年08月04日

ICOM IC-9100M (5)

前回までで、ICOM IC-9100Mの前面と上部は確認しました。今回はそれ以外の外観を確認したいと思います。

IC-9100M_8.jpg

まずは、本体左側面です。非常にシンプルです。持ち運び用の取っ手がひとつあるのみです。

IC-9100Mの重量は、カタログ値で約11kgあります。同じアイコムの固定機で比較すると、IC-7600がカタログ値で約10kg、IC-7410がカタログ値で約10.2kgとなりますから、この辺りの固定機と重量ではあまり差がありません。移動用にも使えるIC-7200IC-7000と比べると明らかに重いので、どちらかと言えば移動運用には向かない重量です。

そういう意味ではこの持ち運び用の取っ手、あまり出番がないような気もしますが、実際にHFで移動運用されている方のご意見を伺いたいところです。

続いて、本体右側面です。

IC-9100M_9.jpg

左側面よりもさらにシンプルとなり、先程の取っ手を使った場合のゴム足があるのみです。このゴム足も、それこそ持ち運ぶとき以外には出番は無いものと思います。

続いて、本体背面です。

IC-9100M_a.jpg

高機能の固定無線機らしく、数々のジャックが並んでいます。電源供給用のジャックの他に、アンテナからのケーブルを接続するジャック、電鍵やスピーカーを接続するジャック、パソコンと接続するUSBもあります。

右下側にふたつ並んでいるジャックがHF/50MHz帯のアンテナを接続するところで、本体の設定で、ふたつのうちどちらを使うかを選ぶことができるようになっています。144MHz帯・430MHz帯・1200MHz帯で各ひとつずつのアンテナジャックがあります。右下の1200MHz帯のアンテナジャックについては、オプション扱いなので通常は蓋がしてあります。

アイコムの無線機でパソコンとの連携をする場合、CI-V(シーアイファイブ)という規格でやりとりしています。IC-9100Mの場合、CT-17(CI-Vレベルコンバーターユニット)でパソコンと接続できるようになりますが、USBジャックのほうに既にCI-Vの機能が乗っていますので、今からパソコンの連携を考えるなら、USB経由のほうが非常に楽かと思います。接続するプロセスについては、実際に使用する段階で触れていきたいと思います。
posted by 「なにかな」管理人 at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ・無線
この記事へのコメント
普通に置く場合でも、
横が壁だったり他機種だったりした時には
地味にゴム足は便利ですよ。
Posted by too-ri-soo-girl at 2011年08月11日 20:47
コメントありがとうございます。

あまり壁にくっつけると放熱の問題もありますし、できれば普通に机上に置きたいところですね。ただし設置したときに、他の無線機と接触してしまう場合があって、最低限の空気の通り道を確保したい場合とかは、このゴム足は有効かもしれません。
Posted by 「なにかな」管理人 at 2011年08月12日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47157928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック