2007年09月29日

アキラさんとまこと君 〜ふたりのオーケストラ〜

akiraandmakoto_1.jpg

アキラさんとまこと君 〜ふたりのオーケストラ〜」は、発売元のコロムビアのサイトを見ると「クラシック」にジャンル分けされていますが、CDのジャケットの雰囲気は、かなり取っつきやすい感じがします。そして、このおふたりの演奏は、ジャケットの雰囲気以上に楽しい気分になります。

このCDで演奏しているのは、宮川彬良さんと平原まことさんです。どちらも日本を代表するアーティストですが、意外な演奏に参加していたりするので、時々ビックリすることがあります。従来からおふたりで演奏することが多く、各地でコンサートを開いておりますが、NHKの「クインテット」という番組で、宮川彬良さんはピアノを、平原まことさんはサックスを担当していますので、演奏を気軽に聴くことも出来ます。

宮川彬良さんについては、私は2回ぐらいしかお会いしたことがありませんが、誠実な感じがする上に、話す内容が人を引きつけるので、とても気になる人です。平原まことさんは、お会いしたのは数知れず。思い切りの良さと行動力は、私には無い部分ですので、とても尊敬します。このおふたりが食事をしながら話し始めると、どんどん深いところへ話題が進みますので、単におふたりの音楽が好きなだけの自分としては、話について行くのがやっとです(笑)。

もともと自分は、以前にミニFMをやっていた関係から、フュージョンとかサウンドトラックとか、そういうCDを探していた時期があったのですが、その中でも癒し系を好んで聴いていたことから、その関連で先輩を通じて、平原まことさんを知ることとなりました。平原まことさんからは、非常に多くの恩を受けていますが、大きすぎて多分返しきれないような気がします。それぐらいお世話になっている方です。

そんなふたりが出したはじめてのCDですが、楽しそうに作り上げた感じが溢れています。おふたりのコンサートで演奏するものが数多く収録されていますので、「興味があってもコンサートになかなか行けない」という方にもおすすめです。以前に放送があった「たけしの誰でもピカソ」ご出演の時の曲目も、一部含まれていました。

さて、こんな風にジャケットに名前が出ていると、非常に探しやすいのですが、中には探しにくいCDもあります。平原まことさんの場合、たとえばこんなCDです。

akiraandmakoto_2.jpg

2005年春から声優陣が一新された「ドラえもん」のキャラクタが歌うボーカル集ですが、ジャケットの外側からは平原まことさんが関わっていたか、全くわかりません。ジャケットの中を見るか、インターネット等で調べるとようやく名前が出てきます。「キミのなかののび太」という曲でクラリネットを吹いていますが、アニソン女王の堀江美都子さんとの共演は、かなり贅沢な曲だと思います。
posted by 「なにかな」管理人 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5639456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック