2006年06月14日

eton E5 (7)

かなり褒める部分が多いし、これからこのラジオのファンが増えそうな気配のeton E5ですが、それなりに気になる部分がありますので、その部分を少し紹介しておこうと思います。

これはオペレーションの問題でもありますし、DEGEN DE1103とも共通する部分ではありますが、周波数を直打ちする場合に、最後に押す「ENTER」によって、中波&短波かFM放送帯かを決めるオペレーションなのです。つまり、中波&短波用「ENTER」とFM放送帯用「ENTER」が別々にあるんです。慣れれば特に問題とはなりませんが、やっぱり直感的には戸惑う部分があったりするわけで、ちょっと違和感があります。無線機なんかは、小数点のボタンを配置する場合もありますし、どうせなら小数点ボタンが欲しいなぁと思うのは、自分だけかなぁと思うわけです。

それから、これはもっと細かいお話ですが、前回紹介したロック機能を解除するときに、一瞬ですが受信音が途切れるんですよね。DE1103では無かった現象ですから、次回作では改善して欲しいなぁと思っています。

それから、このシリーズの1回目に紹介した、ユニバーサルラジオからの通販についての補足になります。当たり前の話ですが、アメリカと日本では時差があります。ユニバーサルラジオはオハイオ州にありますから、ニューヨークと同じアメリカ東部時間になるのですが、夏時間で動いているアメリカとの時差は13時間あります。そうなると、ユニバーサルラジオが営業しているであろう午前9時から午後5時までは、日本では午後10時から午前6時までとなり、私が日本で寝ている間にアメリカで業務が進むことになります。

今回のラジオ購入について、ユニバーサルラジオから「クレジットカードの両面のコピーを送って欲しい」と連絡があった件を1回目に紹介しましたが、私は送られてきたメールの意味をあまりうまく把握できずに、最初に表面のみを送ってしまったのです。そして夜の間に「裏面も」とメールが来たりして、そんな風のやりとりがあったのですが、こちらからメールを送っても相手側の営業時間外ですし、相手がメールを送ってくる時間はこちらは寝ている時間だったりするので、ちょっとしたやりとりの行き違いで、あっという間に数日を費やしてしまうリスクがあります。

メールでのやりとりが、非常に物事のスピードを速めたことから、こんなことが起こっているわけですけど、出来るだけミスをしないように、一度のメールで全てが完結するように送ることは、非常に大事になってきますので、気をつけたほうがいいかと思います。
posted by 「なにかな」管理人 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ・無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/848991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック