2007年12月24日

サンタクロースにまつわるドラマ

xmascard.jpg

クリスマスといえばサンタクロース。サンタクロースを心待ちにしている子供たちも多いことでしょう。サンタクロースを待ち続けて寝られない、なんてこともあるかもしれません。そんな場面のひとつが、クリスマスカードに現れています。

「私を見てしまったね、ティミー。すまないが死んでもらうよ。」

そんなことが書いてあるクリスマスカード。とても怖いです(汗)。ブラックすぎます。この子供は、サンタクロースを見つけてしまったことに、心から悔いていることでしょう。ちなみにこの絵は、らばQで紹介されていました。

こんなブラックなネタを持ち出すのは気が引けますが、それでも子供にサンタクロースが実在するかどうかを尋ねられると、その返答に困るものです。世の親たちは、総動員で知恵を出していることでしょう。

私が聞いたことがある回答は、「教えてあげてもいいけど、教えちゃったらサンタさんが来なくなるよ」というもの。この回答はてきめんだったようで、その後に同じような質問をしなくなったどころか、兄弟に対してもサンタクロースについて教えてしまうことも無いのだそうです。その子が素直だったことにも、うまくいった理由があるのかもしれませんが・・・。

サンタクロースのプレゼント関連で、もうひとつ自分がわからないことがありました。子供からのリクエストが細かすぎて、親がクリスマスまでにそのリクエストに応えられそうにない場合、どうするのかということ。たとえばゲームのタイトルのように、それでなければ意味がない場合、それが品薄だったりしたら、どうやって誤魔化すのかが、とても気になっていました。

気になったことは、すぐに聞くべしということで、取引先の部長さんへ。「既に子供は大きくなっちゃったけど」と前置きした上での回答は、「そんなことはなかった」そうです(汗)。

クリスマスの時期になると、おもちゃの広告が新聞に折り込まれて、たくさん入ってくるそうで、それを子供と見ながらリサーチ。ゲームを欲しがる年齢になる前に、サンタクロースの正体に気づいてしまったので、あまり品薄な商品との出会いは無かったそうです。スッキリしたようなしないような・・・。

でもこの部長さんのご家庭。子供がゲームばかりしていて、勉強してくれないことに悩んでいるそうです。「ゲームのタイトルのように品薄の場合・・・」と話を続けたら、そこからゲームの大批判大会が始まってしまいました(汗)。気持ちは痛いほどわかります。でも、ゲームをしなくても、私のようなダメな大人に成長するかもしれませんよ(自爆)。

サンタクロースひとつとっても、様々なドラマが繰り広げられていますね。そんな状況を見ていると、なんだか微笑ましく感じてしまいます。
posted by 「なにかな」管理人 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8725932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック