2007年07月17日

番号を振ること

時々読むWeb上の文章で、「新・闘わないプログラマ」というのがあります。開発系というかSEの仕事上でのお話や、購入したもののレビューなんかが見られて、微妙に業界が接している自分としては、ためになる話もあったり共感できたりして、よく楽しく読んでいます。その中で最近発表されたのが、「コード」という文章でした。

社員コードがそもそもない会社に対して、システム導入時にどのように社員を管理するのかという苦悩を綴ったものですが、SEも大変だなぁと思うわけです。データベスに限らず、単純にExcel等で表を作った場合でも、レコードごとに安易に連番を振ったりしますが、それをしないで管理せよっていわれたら、正直どのようにしたらいいのか、困ってしまいます。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2007年05月27日

OMRON BX50F

パソコン周りの機器で、ここ数年ずっと欲しかったものの中に、無停電電源装置があります。無停電電源装置というのは、停電になってもパソコンへ電気を一定時間供給して、安全にシャットダウンさせるようにする装置のことです。

私がパソコンを使っている環境は、それほど停電が多いわけでもありませんが、落雷の季節になると、ごくたまに停電になることがあります。そして、そういうタイミングでパソコンを動かしていることが多いので、悔しい思いをしたことが何度かあります。ただ、パソコンそのものが壊れたことは一度もないので、不幸中の幸いという言い方も出来ます。

ただ単に、いままで偶然にもパソコンが壊れなかっただけの話ですから、いつまでも運に身を任せるわけにもいきませんので、最近になってようやく無停電電源装置を購入したというわけです。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2007年05月26日

偽アンチウィルスソフトにご注意

偽アンチウィルスソフトとして有名な「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が発見されたそうで、ウェブルート・ソフトウェアでは注意を呼びかけているそうです。このソフト、ウィルスに感染していないのに感染しているように見せかけて、ソフトウェアを売りつけるという、なんとも強引な商法で顰蹙を買っているそうです。

強引な商法でも、それでもウィルスが退治できればまだ良いのですが、ウィルスを正しく見つけたり削除する機能は全くないのだそうで、全くの詐欺なソフトウェア。どこまでも迷惑な存在のようです。

引っかかり方は、Webを徘徊していると突然、「PCがウイルスに感染しています」「危険な状態です」といった表示で、「WinAntiVirusPro 2007」の試用版ページへ誘導。試用版をインストールさせて、製品版の購入を促すといった手順だそうです。英語版なら身構えて対処する怪しげなサイトも、日本語表示では甘くなりがちなので、気をつけなければいけないでしょう。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2007年05月20日

Windows Server 2008 Beta3

Server2008B3.jpg

マイクロソフト内で開発が進んでいた「Windows Server "Longhorn"」ですが、つい先日にその名前を「Windows Server 2008」と発表しました。ただいまBeta3を公開中で、開発が順調に進めば、この後にRC(Release Candidate)版を公開し、2007年末には製品版が公開されるそうです。

2007年にリリースされるのに、製品名が「2008」というのはどうして?と思われるかもしれませんが、マイクロソフトの担当者は「もうすぐ2008年という時期にリリースするから」とお話ししていました。まぁでも、昨年の「Windows Vista」の例を見ていると、ずるずるとリリース時期がずれていくような気がしてなりませんが・・・。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2007年05月14日

Microsoft Updateの自動更新は必要なのか

シアトル時間で5月8日に公開された、マイクロソフトのアップデートに絡み、svchost.exeがCPUリソースを使い切るため、パソコンが非常に遅くなる現象が、先週から話題になっています。実際、仕事上でもこの現象が起こったという報告が1件ありました。ただし、マイクロソフトも含めて、この現象について情報が公開されたのが、私が思っているよりも遅く、実際にはブログと2chでの不確かな情報に頼るしか、方法はありませんでした。

で、今までの時点での情報を総合すると、Microsoft Updateのバージョンが新しくなるに伴って、クライアント機のソフトも修正されるはずが、うまく修正できなかったパソコンに対して、svchost.exeがCPUリソースを使い切るらしいです。修正方法としては、KB927891を適用した後に、Windows Update Agent 3.0をインストールする必要があるそうです。

とはいえ、パソコンが遅くなる現象も、20分ぐらいパソコンを放置していると、現象が解消してしまうことから、最初はなんだかよくわかりませんでした。ともかく、傍迷惑なのはマイクロソフトだということに間違いはなさそうです(汗)。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン

2007年05月12日

TechNet Plus サブスクリプション

プライベートでパソコンを使うときにはもちろん、仕事でパソコンを使う上でも、マイクロソフトのOSやアプリケーションにお世話になることは、非常に多いです。それは、現在出荷されているパソコンの台数から見ても、マイクロソフト率は現実的に高いものがあります。

個人で使う分については、自分が使う分野の範囲の使い方だけですみますから、割と限定された知識のみで間に合います。しかし、これが仕事になると、環境も問題解決方法も様々ですから、それなりに広い知識が要求されます。そんな場合は、その都度問題を調べながら解決していきますが、影響範囲が広くなればなるほど、検証作業が不可欠となります。

従来よく私がやっていたのは、新しいOSが出てきたら自分で使うOSも新調し直すという方法です。自分で普段使っていないと、使い方や癖がわかりませんから、それに慣れるということが必要かなと思っています。ただこれが、Serverが絡むような世の中になると、そこまで自腹を切るわけにもいかず、かといって使わなければ慣れないわけですから、頭の痛い問題ではありました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2007年03月17日

MCP 70-291

すっかりこちらの更新もお久しぶりとなりました。気づけば既に2ヶ月も、更新がないまま過ぎてしまいました。ひとまず生存表明のつもりで、今回は更新しております。

DE1121のレビューも途中の状態ですし、せっかくつけられたコメントにも、なかなか返事を返すことが出来なかったのは、ここ2ヶ月ぐらいの間にマイクロソフトMCP資格取得に取り組んでいたからです。決してDE1121に対して冷めたとか、そういうことではなかったのですが、準備期間もそれほど長いわけでもありませんでしたし、どうしてもそちらにかかり切りになっておりました。

MCPというのは、マイクロソフトが認定している資格のひとつで、主に技術系エンジニアの技量を計ることが出来るものです。OSや開発系のソフトについて、いろいろな分野ごとに科目が分かれているので、自分の専門にあった科目を取り組むことが出来るようになっています。今回私が取りかかっていた科目は、70-291(Microsoft Windows Server 2003ネットワークインフラストラクチャの実装、管理、及び保守)です。「Windows Server 2003ネットワーク管理編」なんて言ったりしますが、Windows Server 2003でDHCPサーバを作ったりDNSサーバを作ったり、そんな感じの科目です。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年11月12日

NHKに取材されたブログの炎上

ブログという用語が、一般的になって久しい世の中になりました。私もはじめてホームページなるものを作ってから、もう10年も経過しています。かつてはhtmlをエディタで書く作業をしていたものが、今は同じエディタでブログのネタを書くようになってしまいました。

そんなブログですが、最初は「インターネットの日記サイト」のような説明だったのが、今はブログ上でも、いろいろな話題を扱っているサイトを見かけるようになっています。それこそ「何でもあり」の状況が繰り広げられているのかもしれません。

そんな中、ブログの一つの方向性を紹介するような感じで、NHKの「ニュースウォッチ9」という番組で特集が組まれました。企業が商品を売り込む際の手段として、ブログのライター(ブロガー)に記事を書いてもらうという方法を使っている件が取り上げられていました。閲覧者が多いブログに商品が紹介されれば、それを試したり薦めるブロガーが増えて広がっていくことから、「バイラルマーケティング」などと紹介されておりました。詳細は誰かがYouTubeにあげていたので、そちらを参照ください。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年09月25日

インターネットにある情報の信憑性

ここ数年で、インターネット上で新たなサービスが次々とはじまり、インターネットを徘徊している私としては、とても嬉しい限りです。従来から「インフラがある程度整ってくるとコンテンツが充実してくる」といわれていたのですが、いつまで経ってもその時代が来ないので、やきもきしていたところだったのですが、ようやくその兆しが来たという感じです。

つい最近の話で、私が興味津々なのは「オーマイニュース」。新聞が拾わないような情報を拾い出していけるところにその可能性を見いだしています。ただ、既存のメディアとの違いをどう表現していくのかが、これからの腕の見せ所でしょう。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年07月25日

新入社員が巣立つ時期がやってきました

梅雨明け目前となった愛知県ですが、この時期に決まって話題になるのが、各社の新人の挙動でしょう。一番の接点は、やっぱり電話対応になるわけですが、しっかり教育されているところもあり、まったく頼りないところもあり、色々な感じがしますので、それはそれで楽しかったりします。

私がいるコンピュータの業界は、新人に求められるスキルというのが、どれだけコンピュータに詳しいかというところに思われがちですが、単なる誤解です。実際入社すれば、コンピュータを扱うわけですから、キーボードやマウスが嫌いな人は間違いなく問題外になるのですが、だからといって、パソコンにバリバリ詳しい人が新人として欲しいかと言えば、そうとも限らないわけで・・・。

腐ってもコンピュータの業界ですから、入社すれば教材になるような事例は掃いて捨てるほどあるわけです。コンピュータの業界に居続ける気力がありさえすれば、技術力は知らないうちについてきます。だから新人のうちから、コンピュータのことを知らないことを悲観する必要は、全くありません。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年06月17日

「日の丸検索エンジン」開発へ

「日の丸検索エンジン」開発へ産官学コンソーシアム・7月設立」なんていうニュースが昨日ありました。そういえばブランド的にいえば、GoogleYahoo!MSNが微妙なバランスのもと、しのぎを削っているようです。

以前、東芝のフレッシュアイを自分のホームページで褒めたことがありました。検索サイトも新鮮さが命。フレッシュアイは、その部分に特化しようと頑張っていましたが、今回のニュースを見ると、エンジン部分はGoogleに切り替えてしまったようですね。

現在の検索サイトの勢力図だと、だいたい前述の通りなのですが、私がインターネットの荒波に入った頃は、「千里眼」っていう国産の検索エンジンがありました。Yahoo! JAPANが登録型だったのに対して、千里眼は検索ロボットがクロールする方式だったので、しばしば紹介されておりました。今回のニュースで「日の丸検索エンジン」っていう見出しで、なぜか千里眼を連想しちゃいました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年06月07日

USB端子のあるコードレス電話機

TF-FS22M-R.jpg

自宅には変なものが結構たくさんありますが、USB端子のついているコードレス電話機もその一つかもしれません。型番はTF-FS22M-Rといいますが、写真を見る限りは、普通のコードレス電話にしか見えません。

この電話機についているUSB端子。何に使うかというと、インターネット電話用なわけです。この電話機がスピーカとマイクに早変わりするわけです。ちゃんと設定すれば、この電話機からWindowsの起動音とかが聞こえますよ。あまり嬉しくありませんが(汗)。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年06月06日

Microsoft Office 2007 (7)

Office 2007の紹介は、今回で最後にしたいと思いますが、私が気づいた中で意外と便利だった部分を、ひとつ紹介しておきたいと思います。

従来、たとえばExcelのシートをもっと全体から見渡したいと思ったときに、ズーム機能を利用すると思います。手順としては、「表示」の中にある「ズーム」から、該当の縮尺を選んで「OK」を押すか、ツールバーの中にある、デフォルトで「100%」となっている部分を変更するか、どちらかと思います。数値で表示されていますから、たしかにわかりやすいと言えばわかりやすいのですが、直感的かと言われればそうとも言えず、「そんなものかなぁ」的な部分ではありました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン

2006年06月05日

Microsoft Office 2007 (6)

実は、Office 2007からデフォルトのファイル形式が変更になります。中身も変わりますが、今回は拡張子も変わります。今までなら、Wordはdoc、Excelはxls、PowerPointはpptでしたが、今度からは、Wordはdocx、Excelはxlsx、PowerPointはpptxになります。従来のファイル形式とは、拡張子を変えることでしっかりと区別しています。

実は末尾にxがつく拡張子の場合は、中身的にはXML形式で保存されています。XML形式の保存は、現行品であるOffice 2003でもサポートされておりましたが、こちらは独自仕様のXML形式。Office 2007からはオープンのXML形式なので、データを相互に持って行きやすくなります。

しかも末尾にxがつくこのファイル形式、zip形式で圧縮されてから保存されるので、基本的にはデータの容量は小さくなります。無駄な部分を圧縮してしまいますから、当然といえば当然かと思います。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年06月03日

Microsoft Office 2007 (5)

続いてPowerPoint 2007です。使用する頻度はそれほど多くないかもしれませんが、私の場合は、ごくたまに会議資料として使いますし、ちょっと前までは、チラシを作成するために使っていました。もともとプレゼン用のソフトですから、チラシ作成のようにDTPな使い方は、本来とは違う使い方なんですけどね(汗)。

さて、PowerPoint 2007の起動直後の状態を見てみましょう。やっぱりリボンインターフェースは健在です。基本操作は、Excel 2007やWord 2007と同様です。私もそろそろこのインターフェースに慣れてきたので、割と直感的にメニューを選ぶことが出来るようになりました。

powerpoint1.jpg

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年06月01日

Microsoft Office 2007 (4)

続いて、Word 2007を見てみたいと思います。画面イメージはこんな感じ。Excel 2007と同じように、傍目から見るとあまり変わっていないように見えます。

word1.jpg

ただ、Excel 2007のほうでも説明したように、タブとブロックで構成された「リボンインターフェース」になっていますし、左上にあるOfficeのマークの部分で、ファイルを開いたり保存したり印刷したりしますから、今までのWordとは操作方法が大きく変わります。そしてやっぱり、この操作に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、慣れればかなり早いオペレーションが実現しそうではあります。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(2) | パソコン

2006年05月30日

Microsoft Office 2007 (3)

目に見えて分かりやすい変化として、Excel 2007は、表のサイズが非常に広くなりました。従来のExcelは、65536行・256列までの表が作れますが、Excel 2007は、1048576行・16384列までの表が作れるようになります。列はともかく行については、時々「足りない」なんてお話を聞くこともありますが、これで広大な表を作ることも可能になりました。ただし、大きな表を作るにはそれなりのディスク容量とメモリ容量が必要ですし、ファイルを開く際にもマシンパワーを多く使いますので、それに見合った環境を揃えていただくことをお薦めします。

excel4.jpg

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2006年05月29日

Microsoft Office 2007 (2)

Excelというソフトは、表計算をするソフトであります。その目的は今も変わっていません。ただ、よりよく使えるように、改良を繰り返しているわけです。今回のExcel 2007は、目に見えて変化している点が多いことが、おわかりいただけると思います。

前回の起動画面をあらためて見ていくと、上のほうにメニューがあって、中央部には広大なシートが広がるっていう構図は、今も変わることがありません。そういう意味では従来の表計算ソフトと同じであるとも言えますが、目に見えて変わったように見える一番の部分は、メニューであると思います。

通常、従来のメニューは、左から「ファイル」「編集」「表示」などと並んでいき、そのすぐ下のほうでは、ツールバーが並んでいるという画面が見慣れていますが、Excel 2007からは一変します。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン

2006年05月27日

Microsoft Office 2007 (1)

ここ最近、マイクロソフトがWindows Vista関連で、いろんなところで説明会を開くようになりました。私もその説明会へ行ってきたわけですが、まだあと半年以上も先にリリースされるOSなのに、関心の高さを感じさせますね。

まぁ実際には、現状リリースしている各種ソフトが、どの程度の互換性で動いてくれるかが、関心どころではあるかと思いますが、まだそういう部分の詳細は出てきていませんね。Beta版を動かして確認してみればいいのですが、Beta1はごく一部でしか公開されていませんし、一般人でも遊べるBeta2はもうすぐ公開だそうですが、まだ見ることが出来ません。

っていうか、この時期の説明会って、ソフトウェアアシュアランスが2006年7月から値上げするに当たっての説明の部分が多いんですよね。「6月までにOfficeのライセンスをアシュアランス付きのほうを買えば、Office 2007へのステップアップも出来て、7月以降にアシュアランスを買う人よりも得しますよ」みたいな。仕事上で大量にライセンスを購入しているところは大いに関係ありますが、個人レベルでは全く関係ないお話です。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン

2006年05月26日

ドリームキャスト インターネットガイド

Dreamcastをオークションで落としたときに、ソフトウェアなどと一緒にオマケとしてつけてくれた本で、「ドリームキャスト インターネットガイド」ってのがありました。この本は、Dreamcastでどのようにインターネットをすればよいかを、手取り足取り教えてくれる本で、教科書みたいな意味を持ちます。ネットサーフィンやメールの読み書きについては、パソコンとは少し操作が違いますので、こういう本があると非常に助かります。

この本の表紙に「もうパソコンはいらない!」ってありますが、もともとハードウェア的に不安定になる部分が非常に少ないですし、コントローラの使い勝手も悪くないので、操作的にも価格的にも、とっかかりとしては非常によいツールになるかと思っています。ただ、この手のインターネット端末って、意外とそんなに売れていないのが残念ですね。当時はピピン@アットマークとかも話題になっていましたが、あまり見かけることもありませんでしたし・・・。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン