2009年07月18日

ホンダ インサイト (1)

insight_1.jpg

このブログでは、あまり車の話はしませんのでご存じないかたも多いかと思いますが、自家用車はホンダの初代ストリームを愛用しています。このストリームも早いもので、既に8年も使用しています。

当たり前のことかもしれませんが、毎度毎度律儀に点検や車検を受けていますので、車の調子が致命的な状態になる前に、問題になる部分を排除してきていますので、今のところこれといって調子の悪い部分はありません。ですが既に8年、そろそろいろんなところが悪くなるのではないかと思いますし、そろそろ次期自家用車の選定に入ってもバチは当たらないかなと思っています。

そんな中、ディーラーへ遊びに行った際に「インサイトどう?」といわれ、カタログを渡されました。折しもハイブリッドカーのブームが真っ盛りで、インサイトもその例外ではない状態。そしてエコカー減税も視野に入れたときに、次期自家用車をここで購入するのもひとつの考え方かなと思ったので、インサイトを細かく観察することにしました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと

2009年07月12日

コーヒーを入れてくれるロボットが大人気

今となっては、世界中のあらゆるところでロボットが動いている世の中ですが、特に日本に限っていえば、人間型のロボットに特別な思い入れがあるように感じます。そして、ASIMOは非常に有名ですし、他にもたとえば産業技術総合研究所も「HRP-4C」という人間に近いロボットを発表していたりします。

ここからは私の単なる想像ですが、日本人が人間型ロボットに思い入れがある原点は、やっぱり鉄腕アトムだったのではないかと思っています。原作で鉄腕アトムは、2003年4月7日に生まれたことになっていますが、残念ながらそこまでは追いついていないようです。でも、少しずつ人間に近いロボットが発表されますので、とてもワクワクします。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2009年05月16日

最近気になること

このブログは、最近特にラジオ機器などのレビューの割合が多くなりました。実際、アクセス解析を行うと、ラジオの型番を検索して訪れる人が非常に多く感じます。万人にウケるページではなく、隙間の話題で当ブログは生き残っているのでしょう。

ただし当ブログでも、たまには違うこともやってみたいと思うものです。今回は、多くの文字を書く必要まではないのですが、私のアンテナに引っかかったお話を小さくまとめてみたいと思います。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと

2009年02月15日

権利者団体とメーカーと録音録画補償金

デジタル専用DVDレコーダへの録音録画補償金の課金について、権利者団体とメーカーでもめています。権利者団体は早期に課金したいのに対して、メーカーは課金させたくないという構図のようです。

もし、デジタル専用DVDレコーダに課金しないと、権利者が割を食うのであれば、その部分は考えなければなりませんし、しかし、全く無駄な出費は控えたいところです。私も含めて多くは消費者ですから、権利者団体やメーカーの気持ちになることはできませんので、どちらが正しいかはよくわかりません。

おさらいのお話ですが、録画できる機器やメディアの多くは、録音録画補償金を含んで販売されています。最近の録画機器やメディアはデジタル化されているので、一度録画されるとなかなか劣化しません。それでは権利者が守れないというわけで、その解決方法として補償金を商品に含めるようになりました。今回はその範囲を広げる話です。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年12月31日

パソコンのサポート

私はパソコンの販売の世界に身を置いてから、今年15年目を迎えました。かつては、パソコンが家に1台鎮座しているだけでオタク扱いされたものですが、それも15年ほど経過すると、エグゼクティブなイメージとかわってしまいました。パソコンそのものの役割は、それほど変わっていないのに、イメージはほぼ正反対に変わっていくというのは、それはそれで迷惑な話です。

そのオタクと呼ばれたパソコンの時代には、セットアップから使い方まで、基本的に自分の力でやり遂げるのが基本でした。つまり自己責任です。買ったものが使えなかったとしても、どうにかして使う方法があるのではないかと模索するのが当たり前でしたし、そんな経験を数多くくぐり抜けた人たちが、その道のプロになっていきました。

サポートが全く見込めないパソコンの世界とは対照的に、同じ電算系でも至れり尽くせりなのが、オフコンなどの業界だったと記憶しています。私は全くその部門に足を踏み入れたことはありませんが、保守がしっかりしていたと聞いておりました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年12月23日

派遣は雇用だったのか

今更ですが、ここ3ヶ月ぐらいの間に目に見えて景気の悪化を感じるようになりました。特に私が住んでいる愛知県は、自動車産業の盛んな地域ですから、尚更そのように感じます。

自動車産業の悪化の他にも、主に輸出がメインになっている業界は、円高の影響も受けていることもあって、業績が悪化しているようです。だいたいそういうところは、非常に悪い会社では、派遣や正社員のリストラが既に始まっていますし、中程度のところでも、設備投資の計画が凍結されているようです。現在は製造業を中心としたお話ですが、そのうち他の業界にも広がっていくことでしょう。

いま特に問題になっているのは、派遣で働いていた人たちが、突然辞めさせられて収入が断たれたという部分です。特に愛知県は、派遣として外国人を多く雇っていたために、外国人に問題が集中してしまいました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年12月15日

オタクも過ぎたるは及ばざるがごとし

私は平日には働き、休日は休息と少しだけ趣味に時間を割くという、だいたいそんな感じのサイクルで生活しています。恐らく皆さんもそんな感じではないかと思います。

数多ある趣味の中で、他人に与える印象も様々ですが、それを端的に表した調査が発表されました(オリジナル記事は削除されました(12/17追記))。インターネットサイトに登録している20歳から29歳までの働いている女性500人からのアンケート結果をまとめた調査です。

タイトルが「絶対に恋愛対象になりそうもないオタクのジャンル」ランキングという、挑発的な付け方をしています。サンプルに多少の偏りがあるのは仕方ないですが、ネガティブなイメージを誘発するアンケートなだけに、多少の悪意も感じたりしています。結果は以下の通りでした。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年12月03日

2008ユーキャン新語・流行語大賞

既にあちこちで話題になっていますが、「2008ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日に発表されました。今年の年間大賞には、ドラマのタイトルから「アラフォー」と、エド・はるみさんの「グ〜!」が選ばれました。

他に選ばれた言葉を並べてみると、「あなたとは違うんです」「居酒屋タクシー」「上野の413球」「蟹工船」「ゲリラ豪雨」「後期高齢者」「名ばかり管理職」「埋蔵金」が選ばれていました。

この審査委員会からは、暗くなりがちな言葉が多い中で、女性の活躍や元気さが目立った年だったに違いない、とかそういうことを話していたような気がします。最近の景気の後退によるイメージを反映しがちですが、「グ〜!」は「Good!」から生まれているだけに、そういう元気になれる一面はあるかもしれません。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと

2008年10月12日

「低年収ですが、なにか?」

10月3日に「山谷に行けば200円、300円で泊まれる宿がいっぱいあるのに」と発言した石原東京都知事、10日に認識間違いとして、発言を撤回しました。ネットカフェ難民なんて言葉が生まれて久しいですが、屋根があってパソコンがある部屋だと、その生活が豪華に感じるのでしょうか。

ネットカフェの夜の利用金額が安いのは、「部屋を空けておくよりは安いプランを作ったほうが良い」という考えの結果でしょう。ネットカフェは、昼間使うと結構いい値段してしまいますが、夜使うと結構お値打ちなのです。

東京の山谷が一泊いくらかは知りませんが、大阪のあいりん地区のレポートを見ると、一泊850円や1,000円といった価格設定なので、ネットカフェより安いかもしれませんが、200円から300円というのは、ちょっと言い過ぎかもしれません。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年10月11日

読み逃げ

mixiのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、「読み逃げ」なんていう言葉があるらしいです。そもそもSNSは、インターネットの中でも文字通り、社会的ネットワークを構築しているだけに、普段の生活に近い気遣いが必要になるみたいです。

特にmixiなどは、人の紹介を通じてユーザが広がっていくタイプなので、より普段の生活に近い動きが必要になるのですが、なまじ足跡(アクセス記録)がハッキリ残るために、ただ読むだけの人には厳しく接する傾向があります。一言で言うと「読んだらコメントを書け」ということのようです。

私は、mixiのIDを持っていますが、ほとんど他人の日記を読むためにしか使っていません。なので、mixiを使ってネットワークが広がるとか、そういうことはあまりありません。基本が知り合いを通じてのコミュニケーションですので、あえてmixiでやる理由がないというのが、今のところの自分の結論です。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年10月06日

残業をしない会社

前回のエントリーで新入社員の話を出しましたので、今回はそれにまつわる話を書き留めます。勤務先では新入社員は、6月から9月まで現場で働きながら学習します。これをOn the Job Training(OJT)なんて言ったりしますが、私は今年、その新入社員のひとりのトレーナーをしていました。

このトレーナーという仕事は、よく新入社員と年齢の近い社員が担当することが多いのですが、どういうわけか今回は、入社15年目の私に白羽の矢が立ちました。私が新入社員だった14年前とは、環境が全く違うために戸惑いの連続でしたし、年齢が離れているために、新入社員の心境の変化を組み上げるのが難しくて、どうすればよいか悩んだことも多かったです。後から振り返ると、主に心境面では、あまり新入社員の支えになっていないような気がします。

とりあえず10月を迎えましたので、新入社員は試用期間を終え、晴れて正社員として出発したところなので、私の役目としては一区切りついた状態です。だからといって、人事部門から何か言われたわけでもなく、業務的に区切りがついたわけではありませんが、新入社員にとっては、OJTからの取り組みは現在も続いていますし、まだしばらくはトレーナーとしての業務は続くことでしょう。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年08月31日

夏の夜の小ネタ集

多くの児童・生徒にとって、今日で夏休みが終了します。働いている私からすると、長い夏休みがあるというのは、長い時間をかけて何かを取り組めるチャンスがあるということですから、とても羨ましい話ではあります。

とはいえ、夏休みの長さに比例するように、宿題の量もかなりのものだろうと思います。最近は、学校からだけではなく、通っている塾からの宿題も、かなりの量になると聞いていますから、思わずたくさんの宿題を残された方々、ご愁傷様としかいいようがありません。

宿題というわけではありませんが、情報を集めているのにそれを膨らますことができず、ただ腐るのを待つのみというネタが、この「なにかな」にもいくつか存在します。そのまま腐らせるのも勿体ないですから、簡単に紹介していこうと思います。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年08月15日

灼眼のシャナ

少し前に、東芝RD-XS41のDVDドライブを換装した件をご報告いたしました。換装したドライブは、快調に機能しています。ハードディスクに録画した番組で容量が一杯になり、一刻も早くDVDへ出さなければならない大変な状況でしたから、既にDVD書き出しにフル稼働状態です。

DVDへ書き出ししながらも、おおかたの番組は同時に視聴していったのですが、その中でも面白かった番組がありました。「灼眼のシャナ」というアニメーションです。私はここ最近、アニメーションも含めてほとんど見なくなっていたのですが、それでも楽しく拝見させていただきました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年08月14日

殺されても殺さない。

2008年4月12日のエントリーで、「日本が憲法9条を守るには、近隣諸国も日本の憲法9条と同じスタンスを持つのが理想ではありますが、日本とその周囲の国が今のままなら、それは非常に難易度が高いといえると思います。」といったことを主張してみました。平和な世界を作るには、ひとつの国の努力だけでは実現しないからです。

でも、なかなかそういう環境は実現しそうにありません。以前に取り上げたチベット問題以外にも、いろいろと紛争が絶えません。そんな中、こういう発言を耳にしました。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年08月02日

東芝RD-XS41のDVDドライブ換装

テレビの録画の際には、従来はよくビデオテープを使っていましたが、ここ最近はさすがにDVDメディアやハードディスクに録画するパターンが増えてきました。特に、ドラマを毎週欠かさずに見るために、ハードディスクレコーダを買った人は、意外と多いのではないかと思います。

私も4年半前に、大枚はたいて東芝のRD-XS41というハードディスクレコーダを購入しました。このハードディスクレコーダは、パソコンで録画予約を管理したり、メールで録画予約が出来たりして、パソコン使いにとってはかなり便利な道具ではありますが、ほとんど唯一の欠点としては、DVDドライブがダメダメな部分に尽きます。

実はRD-XS41に使われているDVDドライブは、東芝製のSD-W3002という型番のものを使用していますが、これが近年まれに見る程のダメダメなドライブで、これの不具合情報は、インターネット上に掃いて捨てるほど存在します。今回は、これをアイオーデータのDVR-AM16CVB(パナソニックSW-9576)に換装する話です。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年06月01日

インターネットと他人の価値観

インターネットの世界は、広くて深いです。一度入り込むと、容易に抜け出せなくなることは、誰しも経験があることでしょう。それだけ多様な価値観が存在し、それに気づかせてくれるツールではないかと思います。

その価値観の多様さは、ここのようなBlogでも感じることが出来ますが、掲示板システムなどが、その中でも顕著に感じられる場ではないかと思います。その最有力候補は「2ちゃんねる」ですが、その他にも大規模な掲示板システムは、いくつか存在しています。

そんな中でも、管理人が存在していて、比較的メンテナンスを頻繁に行っている掲示板システムとして、「発言小町」があります。この掲示板は、読売新聞が管理をしており、全ての投稿はスタッフのチェックを経てから、掲載されていく仕組みです。それが功を奏してか、または置かれているカテゴリが影響してか、その投稿の大部分を女性が占めています。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年05月31日

iPod課金・ダビング10と著作権

iPod課金にダビング10など、本来は著作権にあまり関わりのない一般人が、デジタル化の波と一緒に、著作権のルールの波に飲み込まれています。

ここ数年の間に時々話題になっていた、iPodのような携帯音楽プレーヤに著作権を守るための保証金をかける案ですが、どうやら本当に課金するつもりでいるらしいです。その主な理由が、劣化しないでダビングされていく音楽の著作権を守るという理由のようですが、一方でmp3プレーヤが世に出てきた時点で、「原音に忠実でないから原音であるCDを聴こう」なんていう意見が大勢だったような気がするので、なんだか辻褄が合いません。

ダビング10についても、ハードディスクから外部のメディアへ移す際に、機器の不具合で失敗してしまった場合に、そのコンテンツは消えてしまい、諦めなければなりませんでしたが、それを複数のメディアに9回までコピーが出来るという譲歩案を出していたものが、機器メーカーが所属するJEITAから嫌われてしまっています

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年05月25日

萌える男/本田透

moeruotoko.jpg

ここ最近、「アキバ系」に代表されるような文化が、にわかにメディアを賑わせています。どうしてもサブカルチャー的なイメージがぬぐえないですが、その市場は数千億円ともいわれています。経済的には、既に無視できる規模ではなくなりました。

その中でも、なかなか実態が把握できない「萌え」の理論。決して、草木が萌えるの「萌え」ではなく、二次元の対象にほのかな愛情を注ぐ「萌え」の世界についてです。メディアで面白おかしく取り上げられることが多いですが、萌えの世界を真面目に掘り下げる本がありました。

本田透著の「萌える男」ですが、これまでにも本田さんが書かれた本は複数販売されていましたが、なかなか読む機会がありませんでした。この本も、実は2005年に初版が出されたものですので、今更という感じがしないでもありません。それほど私が本を読まない人だというわけで、ご勘弁くださいませ。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2008年05月18日

主婦業、年俸1,200万円=米社が「母の日」で試算

mothersday.jpg

職業に貴賤はないといわれますが、それぞれの職種によって、やりがいと大変な部分があります。その中で、特にやりがいが見えにくい職種の代表格として、主婦(主夫)があります。

ですが最近、アメリカの人材情報会社であるサラリー・ドット・コムが、今月11日の母の日に合わせて、主婦業の年俸を発表いたしました。主婦約18,000人の作業時間を集計し、「コック」「保育士」「運転手」の外注費用を積算した結果、11万6,805ドル(約1,200万円)に相当するそうです。

裏方過ぎて、なかなか評価されないといわれている主婦業ですが、母の日に合わせての発表ですし、「少しは感謝して欲しい」という気持ちの表れなのかもしれません。でも、この具体的な金額については、よく観察する必要があります。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(4) | ひとりごと

2008年04月12日

話し合いで解決

あえて言うまでもありませんが、この「なにかな on Blog」では、ラジオのレビューを多く公開しています。そしてラインナップの豊富さから、中国メーカーのラジオを多く扱っています。しかし、その中国について、最近旗色が悪い状況が続いています。

中華ラジオのレビューで個別に書いておりますが、以前より中国製のラジオは荒削りな部分が多く、製品の信頼性という部分では、まだまだな部分が多いと思います。一般的に流通している商品でいえば、最近話題になった冷凍ギョウザの毒混入事件がダメ押しになってしまったように思います。そして、さらにそれに追い打ちをかけるように、中国のチベットで行ったことが世界的に非難され、さらにイメージを悪くする結果となりました。

あえて申しますが、「なにかな on Blog」が中華ラジオを多くレビューしているからといって、これらの中国の行動を擁護するつもりはありません。悪いことは悪いのです。他の国も悪いことをしたことがあるからといって、中国がやった悪いことが消えるわけではありません。

続きを読む
posted by 「なにかな」管理人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと